FC2ブログ

3月11日の空を見上げて 

母が逝った 次の朝
いつもと変わらぬ
その空に
無力感を感じた

青く澄み渡る
その空がせつなく
心に広がった


3月11日
大地震があって

明けた朝の

いつもと変わらぬ
その空に
心から救われた


車や自転車に
薄っすらと何かが
積っていた

息子が見せてくれた
携帯の画像
青い空に
覆いかぶさるようにして
黄色い空がみえた



現実は厳しい
あの3月11日から
人生が変わってしまった人たちに
掛ける言葉を
まだ持てない


せめて
生きるってことを

大切だけど
知らぬ間に見失ってる
そのことを

自分に問いかける

生かされてる
そんな言葉も
少しだけ
わかるようになったかな


ありのままの今に
感謝




最高の人生の終り方
「晴れた日がいい」
あなたの言葉で
なんで好きになれたのか
わかった気がした



その瞬間に
きっと空は見えない

だけど
そのとき
心のなかに
青空が広がって
いるような

そんな生き方
がしたい


泣いたり
笑ったり
怒ったりもして


道端のたんぽぽや
春風や
ちいさな幸せを
いっぱい感じて


そんな風に
生きていきたい

関連記事

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://2525kirakira.blog20.fc2.com/tb.php/784-dad9b7a1