FC2ブログ

こんばんは。。(追記) 

(追記)

2011y03m08d_220810408.jpg

2011y03m08d_221121201.jpg

2011y03m08d_221327791.jpg

2011y03m08d_221353126.jpg ←クリックで少し大きく。


流し目にどきってする(笑)
男っぽくて、カッコイイ
やっぱり、テンションあがる(笑)

素敵PVを見てない方に、ぜひ見て頂きたく。。

http://kennsinn55555.blog96.fc2.com/blog-entry-3447.html






すっかりご無沙汰していて本当にごめんなさい。。

ようやく、息子の進学先も決まり、卒業式も終わりました。。


春がくる。。
そんな予感。。


今日の名古屋のコンサートも無事に終わったようで。。
麗しく、カッコよく、可愛く。。
ぴぃ。。幸せな時間を、私たちにありがとう。

年齢に関係なく、ノリノリで!
って、ぴぃ。。言っちゃったね!いいのね(笑)


って、今、日記見返したら。。
11時には更新なかったのに、UPになってた~

バンザイ!って。。
興奮と歓びが伝わってくる。。
お疲れ様


ぴぃ、今の気持ちを聞かせてくれてありがとう



また、ボチボチ更新していきます。
私こそ、ゆったり気ままに更新ですが、よろしくお願いします。。

少し前に、山崎さんがぴぃを俳優として褒めてくれてたこと。。(←あさイチ!だったかな?)
俳優のノートにあったな。。
って、ことで、少しご紹介。。



ある感情から次の感情に飛躍することが日本の俳優の苦手とするところで、これが劇のダイナミズムを損なう最も大きな原因である。ドラマチックということはダイナミックということであり、ダイナミックでなければドラマチックではない。ドラマではない。感情の沼に溺れ込んで、ぬくぬくべたべためそめそと、まるで羊水の中に留まっているような自己充足型感情お化け芝居は劇ではない。(劇は劇薬の劇なのだ。)

飛躍。蛙が素早く石から石へ飛び移って行くような軽やかで力強い感情の飛躍。これが演劇の魔法の一つなのである。


せりふを言い出す前に無意味な間をとる俳優がいる。おそらく気持ちを大事に溜めているのだろうが、これもイエロー・カード。ボールがどこにあるのか分からなくなってしまう。芝居が止まってしまう。


何によらず、自分は「間」をとることが嫌いだ。「間」をとらずに、音色やテムポ、リズムで変化をつけてゆくこと、これが自分の演技をする快感。感情のアクロバットを見せる快感。


俳優にはふた通りのタイプがあって、上がったり不安になったりした時、窮鼠猫を噛む式に攻めまくるか、プレッシャーに負けて守りに入ってしまうか、極端に分れるようだ。言うまでもなく守りに入ったら死んだも同然である



クロサギの時の桂での演技。。とってもよかった。。
感情の飛躍。。
敵であるはずの桂木との会話。。
憎しみ。。でも、親しみともとれる感情表現。。


辻つまの合わない部分を作ること。。

その心の動きは、かなり脈絡のないものなのである。
人間とはそういうものなのだ。
わが身をふり返ればよく分かる。
我々はどうしようもなく統一のとれない存在なのだ。
そこが肝心な人間のリアリティなのである




ぴぃの持って生まれたセンスの良さ。。
そして。。日々の生き方。。
ひとつのところには留まってはいない、潔さ。。
いざという時に、逃げないで挑む潔さ。。

なんだか、その日々の潔さが、ぴぃの感情表現に繋がってる気がしてならない。。


関連記事

Comments

suiさん、いっぱいいっぱいお疲れさまでした。
そして、更新ありがとう。
久々suiさんの言葉にふれて、
なんか暫く忘れかけていた大事なものに、再会できたような気がしています。
無理せずにゆっくりと、また、suiさんの素敵なぴい語りを聞かせてね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://2525kirakira.blog20.fc2.com/tb.php/694-d311be88