FC2ブログ

夢を追い続ける! 

彰が見えたり、拓馬を思い出したり、
でも、とてもとても直輝だった第10話。

(第10話)

「離れていても莉子がいると思うと強くなれる」

「今の俺の夢を支えてくれてるのは、莉子なんだよ。
だから、莉子にも行って欲しい。莉子にも、夢を追い続けて欲しい。」


「最後の最後まで、夢をあきらめない。って約束したもんね。」


直輝が大好きだからこそ、直輝と離れても軽井沢のオケに行くことを決意する莉子。

莉子が大好きだからこそ、莉子に会えなくなっても、チャンスに挑戦させようとする直輝。

夢をあきらめないで。夢を追い続けるために。


直輝は言う。
「俺たちは、もう、夢見てるだけじゃいけない歳になってきた。ちゃんと現実と向き合わないきゃいけない歳になってきた。俺たち、最後まで、あきらめないで頑張ろう。」


直輝と莉子が、夢見るだけじゃなくて夢を現実にしよう。
そう決意できたのは、胸が痛むけれど、菜月のおかげかもしれないって思う。

直輝も莉子も、それぞれ、きつい事を言われたもの。
実際もそうだけれど、こういうきつい事を言われると、絶対に負けない!ってエネルギーが湧いてくる。
菜月のしたことは、皮肉にも、二人の夢に向かう絆を深くしたのかもしれない。



いつも、どこかで劣等感ばっかりで自信のなかった直輝。
なのに、直輝のバスケと生き方を誉めてくれた莉子。
直輝は莉子がいると強くなれた。

そんな大事な莉子を、ちゃんと守って大事にして、一緒に夢を追い続けたい。
そう思えた時、直輝は、大きく変わった。


直輝の成長が、代々木との関係も変えた。
「勝つためにここへ来たんだろ!」

直輝は、手術を決意させてくれた菜月にも「ありがとう」と言う。
菜月には可哀相だが、直輝は、菜月との別れを乗り越えて、仲間として認めたんだと思う。


莉子の夢を応援できる男になった。
自分は、足を手術したばかり、本当だったら不安でいっぱいなはず。
でも、直輝は、ためらう莉子の背中を押した。


山下さんがメールで教えてくれた通り、優しくて、それは、男らしい優しさの溢れた直輝だった。



川崎さんが、やっぱりいい人で、ほっとした(笑)。←少し試すようなことしたけど。。

今日の始めの莉子と仲直りした後、
「俺が好きなのは、莉子だけだよ。ちゃんと信じて。」って言って、
顔を斜めにして、莉子を見る直輝の表情に、まず、やられた。
で、頭ぽんぽんに、肩に腕をまわす。←こういう普通の感じがかえって新鮮。

あと何気に、直輝ママ素敵だよね。
「こんなに、大変なことばっかりあったら、もうこの先は、きっといいことばっかりに決まってるじゃない。」深い愛情が溢れた言葉だね。


それから、夜景の中の山下さん。
美しい。夜景よりも美しい。
夜の暗い感じが、より一層、山下さんの美しさを際立たせる。
そして、座っている背中にさえ、色気が滲み出ていた。

このシーンは、直輝じゃなくて、山下さんとして観てしまう。。
ステージのぴいに通じるキラキラ感があったと思う。


莉子が、実家に帰るのをやめた話をする二人。
肩ぶつけあったり、あすなろ抱きされたり、いいよね~。
あすなろ抱きって、耳元にあの甘くて優しい華声で囁かれるんですよ。。倒れそう。。


莉子のコンサート会場の入口を開けたぴいが、花束を持って立つシルエットは、
「MOLA」を歌うぴいを思い出させたし。。(サングラスの変わりに松葉づえ持ってたけど)

病院のベッドで、眠ろうとするぴいには、拓馬を重ね合わせた。
もう、体格とか全然違うのに、なんだかね。
目を瞑った顔が、可愛い。

そして、莉子からきた「受かった」メールを読むぴいが、
下ガッツポーズのぴいが、もう彰そのものでした。(懐)


やっぱり、直輝は、好きな人のこと、守りたかったんだろうね。
強くなる。強くなる。強くなりたかったんだね。



ぴいの魅力が溢れていて。
1時間が短い、短い。
予告にいつもびっくりする。(え~もう終わっちゃったの~。って)


もう、あと次週、最終回を残すのみ。。


目を閉じると今も、莉子にさよならした時の直輝の瞳が浮かぶ。
静かな湖のような瞳。
さびしさと静かな決意をたたえた瞳を思い出す。



山下さんが、24歳の夏をかけたラブストーリーが、もうすぐ完成するね。
あなたが、キャストの皆さん、スタッフの皆さんと心を合わせて作った作品。
本当に、素敵に面白いです。

観た後に、あなたの香りに包まれたみたいに。
知らない間に、いつも元気になってる。

ぴい、素敵なドラマをありがとう
あなたと過ごしたこの夏の思い出を、私は、忘れない。



次週、泣かないで、観られるかな。。



P.S そんな出演時間せまっても、日記のことを気にかけてくれるあなたに
   やっぱり心が震えるよ。。



(いつも、くだらない長文の感想にお付き合い頂いてありがとうございましたLOVE

関連記事

Comments

ほんと!!
来週で終わっちゃうんですね・・・
寂しい・・
24歳。等身大の山下さん。直輝とぴぃが重なる部分も多くて^^
私の中では野ブタを超えてダントツになったのは間違いないです^^
素敵なドラマでした。見終わった後、いつまでも余韻に浸るドラマ今までになかったような・・・直輝?ぴぃ?のや~らかい優しい雰囲気にいつまでも包まれていたい心地よい感じ。
不思議な独特な空気をぴぃは持っていますね^^

実は最終回の試合のシーン。
エキストラ参加してきました^^

色んな意味で楽しみです。

もう昨日の10話ですでに号泣v-406
リピするたんびに泣いてます 私v-356

たぶん こんなドラマに出てくれた事 直輝と別れるのが寂しい事etcだと思う・・・
これ書いてても 涙出て来ちゃうんだよね~重症だよ・・・v-356
来週も 間違いなく号泣してるよきっとv-409

mりんさんへ

mりんさん、こんにちは。

来週で、終わっちゃいますね。。
ほんとに寂しいです。
mりんさんは、彰を超えたんですね。直輝は、素敵でしたもの、わかります。
そう、そう、そうですよね。ぴいの柔らかい、独特の空気感、ってありますよね。
ドラマのあとの余韻にひたる、こんなドラマなかったですね。

わぉ、エキストラ行かれたんですね。えっ、もしかして、どちらかに映ってるとか?(笑)
生のぴいは、素敵でしょうね~。
この夏、素敵な思い出がいっぱい出来ましたね。

終わった後のことは、実は、想像できません。ポッカリ心に穴が空きそう。。
でも、来週の放送は、楽しみですね。
楽しみ、楽しみ。そう、楽しみ。。。元気出そうっと。(笑)
コメントありがとうございましたv-238v-238

プチともさんへ

プチともさん、こんにちは。
まぁ~そうでしたか。号泣されたんですね。

私、なんだか、第10話は、ぴいのビジュが、素晴らしくて目を奪われておりました(笑)
ドラマが決まったばかりの時は、心配してましたけど、本当に素敵なドラマだったね。
直輝と会えなくなる実感が、私は、まだなくて、みんなが落ち着いた頃、凹むという気がします(汗)

来週は、さすがの私も、泣くんだろうな。
直輝Pを、しっかり見届けようね!
コメントありがとうございましたv-238v-238

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://2525kirakira.blog20.fc2.com/tb.php/246-acc3bb5a