FC2ブログ

ぴいの夢も絶対叶う! 

(第9話)

観終わって、一番心に残ってるのは、ピンクのタオルを首に巻いてる
ぴいの顔なんだ。
ごめん!話より何より、今日は、
ぴいの元気そうな可愛い顔が、ただただ、観たかったから。。





長いのでたたみます。

直輝として、というより、楽しそうなぴい。
ということで、莉子の家で、ピンクがとっても似合う直輝Pが、
莉子の作ったフレンチト-ストを、パクッって食べて
大きな目をクリクリさせて
「今度、一から教えるね。」って言うシーン。
ぴいが、可愛くて可愛くて。。


ぴいって、やっぱり演技が上手だよね。
この時の直輝って、菜月とうまくいってた時の感じと一緒。
莉子と気持ちを確かめあう前の直輝とは、違った。
彼女にしか見せない表情とか、雰囲気という感じがしたな。
リアルもこんな感じ?って思ってしまうよ。。



そして、元気Pに心が落ち着いたら、予告にもあった、切なげなぴいの顔が、
気になって。



「私は、いつも直輝のことだけ見てるよ。
雨が降った夜も、晴れた日の朝も、
バイオリン弾く時も
家にいても、田舎にいても
いつでも直輝のことばっかり考えてるよ。
なのに、
どうして、直輝は、私のこと見ててくれないの。」



莉子の真っ直ぐな愛の言葉。
それを聞いてる直輝の顔が、切なげで、
瞳が、ごめんな。って言ってる。
この時の表情が凄くいい。


たぶん、この時、はっきり菜月への感情を全て、断ち切ろうと思って
夢中で、バスケの練習して、心を莉子一人に向けたんだよね、きっと。




菜月対莉子のバトルは、
菜月が、意地悪な感じで、莉子の心を動揺させることを言ったり。


ただ現実を直輝と生きていきたかった菜月が、本当に別れなければ
ならなかった理由は、

直輝の一番大切にしてる夢を一緒に信じられなかったことだと思う。



終始、菜月に言われっぱなしだった莉子が、たったひとつだけ
譲らなかったこと。それは、


直輝の夢は、現実逃避なんかじゃない。
絶対に絶対に叶う。
直輝の夢をバカにすることだけは許せない。


もう、この一点だけじゃないかと。
夢を信じられるか、そうでないか。


信じて最後まで諦めないから、夢は叶うんだよね。



途中の菜月の言葉は、耳を塞ぎたくなった。

じゃあ、叶うの?あなたのその夢。
傷の舐め合い。
ふわふわした幼稚な関係。
そんな甘いものじゃないでしょ。


菜月の言いたいことは、よくわかる。
でもね、叶うかわからない夢を、絶対に叶えよう、と心に決めること。
現実が厳しくても、夢が叶うことを信じ続けること。

それは、決して、甘いことじゃないし、簡単な易しいことじゃない。
反って、強くなければ出来ない生き方なんじゃないかと思うよ。



そして、そんな自分を信じてくれる人、お互いを向上させようと出来る人。
何より、真っ直ぐな感情をぶつけてくれる莉子を選んだ直輝に、納得した。



なのに、何故??
来週、いよいよ最終章。


莉子「さよなら。」 

直輝「さよなら。」


って、別れちゃうの??



いや、最終回まで、
大森さんのこと、もうひとひねりあると、みた。(うん!)



帰ってきた川崎さんは、思いのほか、いい人だったし(笑)
莉子が田舎に帰ると言った時の麻衣の表情は、本当に寂しげだったし。
彰本父は、やっぱり予想通り、音楽関係者で、留学とかありそうだし(笑)
宇都宮さんの片想いの人って、もしかして、菜月?って感じだし。
こまめに、よく働く青年Aに、我が家にも来て欲しい!とか。
田舎にいる莉子に電話で、直輝が最後に言った一言
「気をつけて帰って来いよ。」 
あ~言われたい!って心の中で思ったり。
一緒に見てた娘が、ブザー・ビートって面白いね!って言って、嬉しかったり。
あっ、今日は、入浴シーンの変わりに身体検査!
聴診器で大胸筋!(ちょっと表現に気を付けて!(笑)) に、惚れ惚れだったり。。
代々木に怒鳴って怒ってる直輝が、萌えだったり。。
後、 「お前がな」 って確かにつっこませて頂きました(笑)。


言いたいことは、まだまだ、山ほどあるんだけれど、
ブザビも残すところ、あと2回なんですね(涙)。




山下さんが、心を込めて、想いを込めて演じてくれた直輝を
この眼に、胸に、心に焼き付けたいと思います。


今日も1時間、あっという間で、楽しめました。
それで、山下さんが言う通り、元気になって、頑張ろう!って思えました。
幸せもいっぱい感じています。
やっぱり、山下さんに、お礼が言いたいよ。


頑張ってくれて、ありがとう。





UPの文字に、ドキドキ。
初めて、ぴいの日記を見た時の気持ちを思い出したよ。
ぴいの、こんばちわ! が、嬉しい。。

関連記事

Comments

オハヨーございます(^O^)

本当に 日記の更新が めちゃくちゃ嬉しかったです!
それに いつも来るブザビメールが余りにも可愛くて… この弱冠24歳の美しい青年に どれだけ心を奪われてるんだろか~なんてね…苦笑

昨日は代々木体育館に 直輝を応援に行って来ました!

顔色は良く すこぶる元気な直輝が戻ってました~(*^_^*)

後半 少し疲れた表情も有りましたが、その ちょっと険しい表情も まるで彫刻の様に美しく…ため息物です…
それに 本当に共演者の方々と打ち解けていて、常に誰かと談笑しているぴぃを見る事が出来て安心しました!
エキストラの人数が優に3000人を越えていたと思いますが、丁寧に挨拶をして、四方八方に深々と頭を下げるぴぃに 胸が熱く成りました…
ブザビが終わったら…って考えたら、今から怖くてしょ~がない、ヘタレな私です…

あらためて・・・ suiさんこんばんは。

昨日は気持ちが上がったり↑、下がったり↓、菜月にムカついたり、直輝に突っ込んでみたり・・・。
私の少し長い人生の中でも、菜月みたいな女の子は幸い出会っていませんが、直輝はリアル!男ってまったくぅ。。。って何回もボヤいてました。
(タオルの匂いかいだり・・・アレは無しでしょ!カードは捨ててっ!)
すっかり直輝に?ぴいのリアルな演技に?ホンロウされて、ダメ押しに「最終章・別れ」って・・・もう抜け殻でした。私。
莉子もリアルでしたね。不安な時に目の前の誰かにすがりたくなる気持ち、分かるなぁ。。。

結末が気になるけど、泣いても笑ってもあと2回。どうしよう・・・ぴい一色だった夏が終わっちゃう!!

こんばちわ。
9話、娘と一緒に見ました、二人でどうしてそうなるの~、といいながら。。せつなかったですね。
キスシーンでへこんでいた私ですが、やっぱり直輝、莉子のラブラブシーンのほうがいいかも。
直輝のやわらかい、かわいい笑顔が見たいかな。
直輝を見れるのも後2回と思うと、とってもさびしいです。
山下君のファンになって初めての連ドラ、毎回の見てねメールにもびっくりです。
こんなにもファン思いのアイドルがいるのかしら。
ドラマもとてもおもしろくて、萌えどころたくさんで、ビジュもよくて。。。。
番宣から始まって、雑誌もたくさん、この夏どこいも行きたくないくらい、堪能させていただきました!!
せっかくたくさんのファンをブザビで獲得したのだから、このまま露出が途絶えることなく、
テレビで山下君を見続けたいですね。

空さんへ

空さん、こんにちは。

日記の更新、心が躍りましたよね!
それに、ブザビメール!ホントに可愛くて、ニンマリしてしまいました(笑)
まぁー、空さん、ありがとうございます!
生の声を聞くと、想像だけでも、萌え~な気分を味わえます。
険しい表情がまるで彫刻のように美しいv-352 うんうん!!
そして、共演者の皆さんと談笑、よかったです。
そして、そして、四方八方に頭を下げるぴいの姿、目に浮かびます、誇らしい!
もう、どれだけ心酔してるのか。。ですよね(笑)
そう、先のことは考えないようにしてきましたが、想像するだけでも怖ろしい~!
へたれ2な私です(涙・笑)コメントありがとうございましたv-238v-238

シェイミンさんへ

シェイミンさん、こんにちは。

あっ、それ、私も思いました。タオルの匂いかいで、懐かし~とか言ってませんでした?
カードもチラチラ見てるし。。そう、捨てるべき!!(笑)
後、「莉子は俺と菜月のこと知らないだろ」とかね。
莉子も菜月もみんなNGワードを言っていたような(汗)。。

最終って言葉にガクーーン!でしたよね。。
あと2回だけど、もう終わりを意識せざるを得ない。。
某事務所の方々って、NEWSファンのこと、ドMとかって思ってないですかね。。
ぴいは、お休みしていいんです。だけど、冬コンやるお知らせとか、先の楽しみというか、今度いつ逢えるかだけ、ドラマの終わる前に(←ココ重要!)言ってくれないかしら。
秋に、逢えないのは、切なすぎますよね。。

シェイミンさん、コメントありがとうございましたv-238v-238

ゆうかさんへ

ゆうかさん、こんばちわ。
そうですね~、あ~、あ~っていう感じの展開。ドラマとしては、きっと面白かったはず。
でも、やわらかい笑顔、かわいい笑顔を見ていると、直輝なのに、ぴいのような気がして嬉しくなりますよね。
本当に大満足の夏、ぴいのことをたくさん感じることが出来ました。
あ~過去形にしてしまう自分が悲しい。。
あと、2回。大切に見たいですね。
ゆうかさんのおっしゃる通り、世間に見える活動が途切れるのは、よくないと思います。
是非とも、露出を、いろいろな形で継続して欲しいですね!!
コメントありがとうございましたv-238v-238

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://2525kirakira.blog20.fc2.com/tb.php/237-25725ecb