FC2ブログ

素敵パンフレット! 

皆さん、もうご存じでしたか?
 
        243イク&ピー ・・・・・・サンスポ

        243セニョリータはいません!・・・・・・・・スポニチ
私、バタバタで、全然知らなかった(汗)。はっきり言ってくれて嬉しいね。




今日は(もう昨日だね)、グッズを買いに横アリに行ってきました。
2時間待ちという札にかかわらず、1時間くらいで買えました。
横アリ1周は、してなかったし、ね。。
あちら、こちらのブログで、目に入るいろいろな事。。
頑張ってるぴいの姿が目に浮かびます。。

どうやら1日目は、私が初めて横アリで、P様と逢えた時と同じサプライズが
あったようで。。逢えた幸運な皆さまの歓びを想像すると、自分のことと重なって
つい興奮してしまいます。よかったね~。
そして、初めてのソロコン。きっと、いろいろ大変だったと思うのに、
記者会見の後に、同じように出てきてくれたPは、やっぱりファン想いの人だね。。

パンフレットですけど、皆さん言われてるように、素晴らしいですね。
息を止めて、ページを開く感じになります(笑)。

大満足のひとこと。

「で、どうするの?」
「わかってるよ。」
「そばに来て。」  そして、「来いよ。」
なんて言われてるかと思う (単なる妄想!)写真の数々。。

被写体としての美しさは、言うに及ばず。。
(最近は、メイキングで、スタッフさんのため息のような言葉が。ね~。)


挑むような表情。
思いつめた顔。

孤高の人のようにも見えるし。
手持ち無沙汰な少年にも思える。

写真なのに立体的な色気が溢れて息が詰まる。
なのに、ふとした時のあどけない瞳。

誰かを待ってる淋しがり屋にも見えるし
何かを拒んで尖ってるようにも思える。

モノクロ写真は、映画のワンシーンのようだし。
声をかけられないような大人でハードな感じ。

SUBWAYや、NYの雑踏の音
太陽の光や、冷たい空気
街の匂いや、Pから放たれた香り


そんな様々なものが溢れてきて 
五感が刺激されてる感じ。。
心が潤う。 満たされる。


うーーーん。
大事にとってもおきたいけど。
そばに置いてずっと見ていたい。
最近のニュアンスに溢れたぴいの写真。
贅沢なひととき。


最後のページのぴい。

陽が落ちたニューヨーク湾の夜景
静かに佇むシルエット。。

ただ、美しい。。




わーーーん(嬉泣)。。今日、ぴいに逢ってくるね
今回、行けない人の想いも連れて応援してくるからね

(この下に、ちょっとパンフレットの言葉を書いてます。読みたくない人は気をつけて!)


写真の合間に書いてくれた言葉。
実は、写真が素晴らし過ぎて、初めは文章に気付かなかった(汗)


去年の終わりぐらいに、自分自身を見つめ直してみた。今までの俺は、ちょっとたるんで
たなって感じたんだ。だから、もっとキッチリ男らしく仕事しようって決めたんだ。自分が
もっと頑張らなきゃって思った時に改めて周りを見回したら、頑張ってる人がいることに
気づいたんだよね。

・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
俺が気合を入れ直し、向上心を持つことによって、スタッフさんたちと一緒に作っていく
もののクオリティーもさらに上がるはず。 “仕上がり”のレベルが引き上げられることに
よって、さらにいいものをみんなに届けられると思うんだ。


新曲は、そのほとんどが“求愛”ソング。
「ラブソング」って、俺の中では2人の関係ができ上がってるイメージなんだけど
求愛ソングは、好きなんだけど届かない気持ちや想いがあって、
“それを届けよう!” っていう感じ。
曲を通して俺からファンのみんなへ求愛してるからね。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
“また次も来たい!”って思ってもらえたらうれしいです。

・・・・・・・・・
例えばヨーロッパに行っても「あの人、アジアでNo.1らしいよ?」って言われるぐらい
にね。志は高くなきゃダメ!それぐらいの心意気で頑張ります!!



去年の暮れのことは、何回か聞いてたけれど、初めに誰かに影響されたのではなく
初めに、ぴい自身が自分のことを振り返ったってことを初めて読んだ。
大学も卒業して(きっと、この大学生活は、想像以上に大変だったんだろうと改めて思う)
初めて、大人として、1人の社会人として自分の仕事のことを振り返ったんだろうね。

そして、ファンへの求愛と、“また次” 発言ハート
ぴい、みんなこの次も楽しみにしてるから絶対またやってね。そして、ありがとうLOVE


続きに「レコメン!」までの拍手コメレスです。遅くなってごめんなさい。。アップロードファイルごめんね
公開OKの方は、拍手の中にお返事させて頂いてます。ありがとうございましたにっこりハート
スポンサーサイト



続きを読む