FC2ブログ

Archive

 2009年10月 

妖精の指先 

皆さん、台風は大丈夫でしたか?
今、愛知に上陸とか。。凄い風。皆さん、気を付けてください。。
東京は、嵐の前の静けさで、これからくる感じです。 (8日 午前6時)




ぴいブログで初めて知った 『青』 
そして、『Love Song』 『指輪』 『Time』
某所で、よく見た。。

初めて見るぴい。
細くて、華奢で、壊れそう。
そう、前から、美少年がいる、っていうのは頭の隅で知っていた。
まさか、その彼にここまで嵌る人生が待ってるとは、その頃は知らなかったけれど。。


たぶん、前は、苦手だったタイプの人。
なのに、1度、気持ちを自覚してからは、その過去の映像にも強く魅せられた。

儚げで、憂いがあって、美しくて
ありふれた言葉で、言うと 「私と同じ人間とは、思えない。」


少し前のぴいは
例えていうなら、妖精のような。。
そんな不思議な魅力。


でも、ほんとのぴいは、きっと、熱くて自然体でストイックな、人らしい人。

最近の彼は、そんな自分を隠さず、さらけ出す。
いや、前からそうしていたのかもしれない。。

あの頃、「Tarzan」 の表紙をするとは、誰も想像しなかっただろうね。

そんなぴいだけれど
あの頃の、儚さ、妖精のような彼を残しているのが
彼のダンスの時の指先。。

右手をスーッとあげてひらりと手のひらを返す時

ひらひらと動かしたその指先に目がとまる

その指先は繊細で美しい。


切なげで、儚げで、美しく
まさに、あの妖精みたいだったぴいを感じる

なぜだろう。指先の動きに、甘いメロディを感じる。

顔の前にもってくるのも、頭の上をくるっと回すのも、
キラキラが零れてるように見える。


実は、男らしい手なのに
ステージにたち、ダンスが始まると
それは、彼のすべてを表現するかのように
優雅で、繊細で、セクシーに、動き出すのだ。


特に好きなのは
力を抜いたように
手をひらりと降ろす時の指先

それは、詩的に美しい。。







ぴいがリクエストを聞いてくれるなら
『青』と『Time』『指輪』・・・少し前の歌もぜひ歌って欲しい。。と言いたいよ。

続きに拍手コメレスです。
スポンサーサイト



続きを読む