FC2ブログ

** いろいろ ** 

昨日の豪雨。山口方面の方、大丈夫でしたか??
自動販売機が、土砂で半分くらい埋まってました。
自然は恐いですね。。
1日も早く日常生活が送れるようになるといいですね。


さて、前回のエントリーで、初コメントや、貴重なご意見等聞くことが出来て
良かったな、と思っています。
ありがとうございました。今後も、感じたこと、思ったこと書いてくださると
(ぴいちゃんを愛でるコメで!)嬉しいです。


で、相.武紗季さん、今日(22日)久々のブログ更新ありました。

まさか、ここ読んでないよね。(汗)
あの役を嫌なファンの人もいるみたいで、そんなファンを気遣いながらも、
中途半端に だけはならないように。ドラマのスパイスとなるように、全力投球!
って書いてくれて ました。。
ファンの反響で、演技が変わってしまったら、、と少し心配してましたが、
ちょっと安心。


そして、お気づきの方もあると思いますが、このブログのリンク欄、
『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』のサイトと『24時間TV』公式サイトを
それぞれ、フジテレビ、日本テレビのトップページに変更させて頂きました。

ご覧になる時は、アクセスランキングに、多分両方とも番組名があると思う
ので、そこをクリックして、サイトに入って頂けたら、と思います。
(もちろん他からも行けます。)

早速ですが、24時間テレビの横浜のイベント情報がUP … ココ

24時間テレビと連動したチャリティーイベントを8月29日・30日に渡り開催します。
今年から新会場となるのは横浜に引っ越したばかりの日産新社屋。
人気お笑い芸人・セクシーグラビアアイドル・豪華ミュージシャン…etc
さらに、東京ビッグサイトからスペシャルゲストもやってくるかも?!
 
ってことで。NEWSメンはどうでしょうか?来ないかな?

会場が日産とのことですが、日産と言えば、トヨタ。
トヨタと言えば、バスケの五十嵐選手。。(←結構、無理やり!笑)

ぴいちゃんと対談してましたね。 今日のジョン にも載ってました。(内容は番宣と同じ)
そして、来週の 海の雄姿 。 来週もほんと楽しみですね。。

ぴいちゃん出演のラジオ
   「小栗旬のオールナイトニッポン」 ニッポン放送 
   (雑音多くてせっかくのぴいちゃんの声が良く聴こえない。 涙)

いつか、叶えたい夢がある? 
 
「あります!。夢は、いっぱいあります。DJ。
  ほんと、将来的に言うと、ハワイとかにすっごいでっかい別荘がほしい!」
 
  皆さん!夢の、ハワイで暮らすが、別荘になりましたよう!!(喜)

 

オールナイトニッポンP1 

雑音が多くて、確かではないのですが、こんな感じレポを!
(所々、聴こえないとこは省いちゃってます。汗)
  ぴいちゃん・・・P  小栗旬・・・旬

旬「今夜のゲストは、山下智久さんでーす!」
P「こんばんは~。」 旬「こんばんは~。」

旬「ヤマピー、久しぶりね~。」
P「久しぶりですね~。」
旬「仕事すんの、ちょー久しぶり!」
P「(少し笑いながら)ちょ~久しぶりです。」
P「でも、なんか全然仕事って感じもしないですね~。」
旬「なんか10代以来だね」 P「そうですね。」
旬「仕事場で会うのは」
旬「他の所では、いろいろ会ってるけどね。」 P「はい。」
旬「そんなことで、今日はよろしくお願いします。」
P「よろしくお願いします。」
旬「さ、この番組では、初登場ですけどね、会うのはいつぶりかっていうあれなんですけど」
P「いつぶり?」
旬P(声合わせ)「2カ月~」 旬「まえ~くらい?」 P「はい。」

旬「それこそ~、あの~、なんだかんだ、なんかこう~、最近ね」 P「はい。」
旬「ちょこちょこ会ってますよね。それこそ、その『STAND UP』っていうドラマで一緒だった頃なんかは、良くこのヤマピーが小栗家に泊りに来ていた」
P「そうなんですよ。泊めて頂きました。」
旬「8畳1間のワンルーム。」 P 「(笑)ハハハハ~」
旬「あの当時、私がはたち、ヤマピー17ぐらい」 P「はい。」
旬「ん時にね~、そんな8畳1間のお家にヤマピーが泊りにくるなんて、ね~。」
P「懐かしいですね。」
旬「2週間に1ぺん位泊りに来てたよね、あの時ね。」 P「はい。」
旬「川の字で寝るんですよ。ベッドから、うちにあったジャンボ座イスという座イスに向かって、みんなで川の字に・・」  P「楽しかったな~」(←たぶん)
旬「なんかね~、そんなこともあったね、ケンケン。」 P「そうですね。」
旬「それで、現在は、『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』に出演中ということで。」
P「はい、そうなんです。」
旬「どうですか。」
P「(雑音でわからず)・・すごい明るい感じなんか、伊藤英明さんとか・(?)・・してくれて、結構面白く、おかしく、楽しく、やらしてもらってるんですけど・・。」
旬「英さん、すっごい明るい人だからね~。」
P「めちゃ、めちゃ明るいですね~。」
P「4日連続くらいで食事連れてってもらって、その内2回焼き肉、」旬P「ハハハ(笑)」
旬「どうなの。バスケっていうのが題材になってるのは大変でしょ?」
P「バスケ、あのクランクインの1カ月前ぐらいから練習してたんですけど、先生の教え方がすごい上手くて、なんかチーム感がそこで出来て良かった。」

旬「うーん。そして、今回の崖っぷちのヒーローは2度目の月9ですか?」
P「はい、そうです。」
旬「やっぱり、月9っていうのは、なかなか特別なものですか?」
P「なんか気持ち的には、正直あんまり、特別というよりか、どの作品も、こうまぁ、」
旬「ま、今、実際、あんまり感じないよね~。」 
P「そうですよね~。時代なんだと思うんですけど~」
旬「いや、そこは、多分さ、その、俺らもガキの頃からずーっと月9って言葉を聞き続けてきてるから~
感じるものとか、なんか変にプレッシャー感じること・・(雑音で聞こえず)・・・ま、どのドラマだってやっぱ何も変わらず」
P「あ~そうですよね。」(←たぶん)
P「あと、楽しめたらいいなっていう感じ、あと観てくれてる人が、ちょっと、こう暇つぶしになればいいな
って・・・(雑音多し)・・くすって笑ってくれるだけでいい・(?)・・」
旬「ね、なんでそんな格好いいんだよ~?」
P「ハハハハ(笑)の後引き笑い。。ww」
旬「深夜1時18分だよ。」
P「いや~、1時18分ですね。」
旬「なんで、そんな格好いいんだよ。」
P「やめてくださいよ。全然、全然。。」
旬「髪の毛がうねってるところ自体が、もう」
P「これは、もう~あれですよ。手動(?)ですよ。ハハハ」
  (雑音で聞こえず・・)
旬「じゃあさ、まずPが好きなもの教えてくれよ。」
旬「何が好きなの?」
   (聴こえない 涙)
旬「枝豆好きでしょ。」
旬「じゃ、ソラマメは?」
旬「ま、アラレちゃんが好き・・(?)・・・それから、しばらく、そら豆Pすけって呼んでますからね。」
P「ハハハ(笑)あれ、、全然覚えてないです、俺、それ、」
旬「そうだよ。」
P[そら豆Pすけ」
旬「そら豆Pすけ」
P「だって、俺ほんとになんか当時、枝豆好きで」
旬「今は、何が1番好きなの?」
P「今は、ラーメン。」
旬「ラーメン。」
P「カレー。そのへんが。」
旬「そのへんが、」
 (雑音で聞こえず)

   (CM)

  (一旦、ここで切ります。)

   なんか、レポもどきしようと思ったけれど、肝心なぴいの所が聴こえない!!
   (涙) 意味ないかも(汗)
   
   笑い声は低い、力を抜いた華声でリラックスしてる、いい感じでした(惚)

オールナイトニッポンP2 

  (1に続きます)

旬「今夜の『小栗旬のオールナイトニッポン』には、山下智久さんにお付き合い頂いております。引き続きよろしくお願いしまーす!」

旬「さ、続いては、山下さんの素顔を伺おうと。初登場のゲストが来ると必ずやる、こちらに参りたいと思います。山下智久さんにありがちな5つの質問。」
 
旬「こちらはですね。何かと申しますとですね、いつもゲストが来るたびに、え、まぁ、ゲストがね、言いたいことだったり、言いたくないことだったりに、どんどん突っ込みながら、ありがちな5つの質問をしていこうとコーナーです。」
P「なるほど。」
旬「で、今日はね、ヤマピーにもお付き合い頂きましてちょっと答えて頂けたらと思います。」
P「はい。」
旬「それじゃあ、早速いかせて頂いてよろしいですか?」
P「はい。」
旬「それでは、山下智久さんに5つの質問。
  1、ヤマピーというあだ名にちゃんと意味が?」
P「わからない。」 旬「わからない。」
旬「Yes,Noの間ね。」 P「間で。」
旬「2、今年から始めた、もしくは、始めようと思ってることがある?」
P「Yes。」 旬「Yes。」
旬「3、いつでも見せられるように常に筋トレをしている?」
P「え~、Yes。」 旬「Yes。」
旬「4、小栗旬にどうしても言っておきたいことがある?」
P「え~、三角で。」 旬「三角。」
旬「5、いつか叶えたい夢がある?」
P「Yes。」 旬「Yes。」
  
旬「テケテケテケテケテケテーーーー。これ、いつも、言うんですけど、5つの質問して、この音、BGM
ま、残念なBGMなんだよ。ほんとに、これ。」
P「フハハハ(華にかかった笑い声) なんか、まちがったっぽいですね。」
旬「そう。絶対に良くない!って言ってるんだけど、いつになっても変えないんだよね。」
P[ハハハハハ~。」
旬「ちょっと番組スタッフとこれからもっとちゃんと話さないといけない。」
P「ハハハハハ~。」

旬「それではね、一つづつ振り返っていきたいと思いますけども、1番目のヤマピーというあだ名には、ちゃんと意味がある。これ、三角でしたけど?」
P「これ~、分かんないですね~。俺。」
旬「いつから、ヤマピーって呼ばれてるの?」(←たぶん)
P「小学校の6年生とか中1とかじゃないですか。」
旬「そのぐらいから。その時はジャニーズに入ってたの?」
P「はい。そうすね。」
旬「俺が、だって会った時は、Pって呼ばれてたもんね?」
P「はい。なんかもう適当に、おまえ、ヤマピーだ。みたいな感じだった気がするんですよね。それで、
滝.沢秀明くんが当時、すごくトップでいろいろ引っ張ってやってくれてたんですけど、滝.沢くんが、こう、いろんな雑誌とかテレビでヤマピー、ヤマピーって言ってくれて、それでなんか」
旬「ヤマピーって」
P「はい。そうです。」
旬「いつまでヤマピー?」 P「ハハハハ」
旬「ヤマピーと呼ばれることに抵抗はそんなにないの?」
P「そうっすね~。なんか全然ないですけど、これ~40なったらやばいな」
 「ハハハハ~」
旬「でも、実際さ~、まずみんなヤマピーって呼び始めるでしょ?」
P「そうですね。」
旬「そうだよね。」
P「最近でも、智くん率が上がってきてる」
旬「智くん率が上がってる。」
P「やっと俺の名前が浸透してきてる。」
旬「智くん。じゃ、俺も今日から智くんて呼ぼう。」
P「いやぁー。(笑)もう、いいですよ。」 二人「ハハハハハ~。」

旬「さぁ、続いて2番。今年から始めた、もしくは始めようと思っていることがある。」
P「はい。」
旬「こちらは、もう、Yesでした。」
P「はい。これ、始めようと思ってること。ちょっと、なんかこう音楽に最近、すごい嵌ってて」
旬「うん。」
P「で、なんかこう、クラブのイベントとかに行って」 旬「うん。」
P「DJさん、見てたんですよ。で、DJさんって自分の好きな音をかけられるじゃないですか。」
旬「はい、はい。」
P「あれが、やりたいなって思って。」
旬「DJデビュー。でもこう、キュキュキュッ。とかじゃないの。やりたいのとかって。」
旬「好きな曲をかけたい。」
P「自分の好きな曲を好きなタイミングで、こう、実際に操れる感じが格好いい。で、なんか、その人は、ニルヴァーナの 『Smells Like Teen Spirit』っていう曲をかけてたんですよ。 」
旬「うん。」
P「そのなんかリミックス加減が格好よっかた(?) ロックも格好いいなって」
旬「なるほど。へーーーーえ。クラブとかいくの?」
P「はい。行きます。行きます。やっぱり、新しい音楽聴きたいなっていう欲望とかあります(?)」
旬「音が好きなの?」
P「音が好きですね。なんかこう、この間テレビで脳科学で、ごはんを食べてる時にハッピーだなって
思う脳の部分と自分の好きな曲を聴いた時に反応するとこあるんですけど」
旬「それ、おんなじとこが反応すんの」
P「それを聞いて、ごはんを食べないと死んじゃうけど、音楽死なないじゃないですか。」
旬「うん。」
P「それなのに同じ所が反応するって、これは凄い!と。そっからもう、もっと嵌っちゃいましたね。」
旬「あっ、そう~。かっこいいな(?)」

  

続きを読む

オールナイトニッポンP3 

  (2に続きます。)

旬「そして、3番。いつでも見せられるように常に筋トレをしている。」
P「はい。」
旬「こちら、Yes、でしたね。」
P「そうっすね。 ドラマとか入っちゃうとやっぱ出来なかったりするんですけど。」
旬「やっ、ドラマ入ると、筋トレ、出来ないでしょ。」
P「や、無理っすね~。はい。」
旬「どうしたら、いいの、その時。どうしてるヤマピーとか?」
P「え~」
旬「家、帰ってちょっと筋トレしたりとかすんの?」
P「無視します。でも、今はバスケのドラマなんで、」
旬「ま、体は動かしてるでしょ、撮影中はね。」
P「はい。そうなんです。で、こう、みんな裸っていうかロッカーシーン。それ脱がなきゃいけないとこがあるんですけど。その前にみんなで筋トレしたり、してました。」
旬「やー俺、ほんとに、俺は今ね、ちょっと監督という作業してるんだけどさー。日々、か細くなってく訳よー。なんにもしてないから」 (笑)   P「あーー。」
旬「朝から晩まで考えごとずーっとして、考えごとしてるうちに寝ちゃって、次の日に向かうわけ~」
旬「それで、一切、体、まっ現場でね俺も走り回っては、いるんだけど。でもね、どんどん、どんどん。
なんか、こう骨と皮になっていくわけ。」
P「へへへへ~(笑)。」
旬「これ、どーーしたらいいんだろう。」
P「え~、誰かが止めてくれる人いないと大変なことになっちゃいますよ。」
旬「でもさー。Pはさー。俺が会ったあの当時はさー。すっげぇ細かった」
P「細かったです。めっちゃ細かったです。」
旬「いつから、何故そんなに、体を」
P「(旬くんとかぶって始めわからず)・・ぐらい時に、こう、ほんとに俺ってからまれたら負けるなって」
旬「フハハハ~(笑)」 P「ハハハ~」
P「もし、好きな人とデートとかしてて、からまれたら、負けたらどうしよう。」
旬「かっこ悪い。」
P「振られるなぁー。っていう安易な目的で。」
旬「ところから、始まって今そんな、なんかちょっとTシャツが、ピタッとなる男になったわけだ」
P (笑)

旬「そして、4問目。小栗旬にどうしても言っておきたいことがある。こちら、NoでもなくYesでもなく、三角でした。」
P「はい。なんかこう今ないんすけど、思いつかないんすけど、俺一緒にお酒を飲ましてもらってる時とか、たまにこう、あっ言わなきゃいけないな、とか思ったことがある気がするんすよ。」
旬「あーおーおー。」
P「そうなんです。」
P「これ、酒はいってないと思い出せない。(笑)」
旬「(笑)酒がないと思い出せない。」
P「まーでも、何回か、たぶん旬くんにこれ言わなきゃと思ったことあるんす。」
旬「あ~。ちょっと、それ、ちゃんと言って!」 P「はい。」
旬「今、(?)・・と不安になってくるから。。」 P「はい。」  旬 (笑)
P「え、でも、たいしたことじゃない、そんな(笑)」
旬「でもね~、なんかこう~、ほんとにそれこそ俺からしたら、ヤマピーと酒が飲めるって環境は、結構凄いことなんだよ。その当時『Stand Up』あった頃、何があってもこっちも飲ませちゃいけないし、未成年だから~。 どうしようっていっつも、ヤマピー、お茶。俺、お酒。みたいな。」
P「 (笑)」
旬「そんな感じで会ってた。で、その後久しぶりに会ったのが、蜷川さんの舞台を、たぶん二宮がやってた時に観に行ったらヤマピーが、桜.井翔くんと一緒に観に来てて、その日に 『ちょっとヤマピーお茶しようよ。』 つって、渋谷のスターバックスに行って、ヤマピーとお茶をしたっていう。」
P「あーーーーっ。」
旬「あんま覚えてないでしょ。」
P「はい。」
旬「そん時にね、ヤマピーはね、ルイヴィトンのね、ウエストポーチみたいなのをね、こっからこう、かけてた。」
P「(声あげた)ゥアッー、ぜんぜん、覚えてない(笑)」
旬「ヤマピー、おしゃれになったもんだな~」
P「ハハハハ~。マジっすか~。」
旬「うん。で、そっから、ほんとに全然会わなかったね~。」
P「2年くらい会わなかったですね~。」
旬「で、俺が、また、斗.真と生.田斗.真とね。おなじみの生.田斗.真さんと仲良くなって、で、斗.真とヤマピーがすっごい仲いいって所から、また、ちょっと酒飲む時に呼んでみたいな、ね~」
P「はい。」
旬「斗.真が、ま、今、彼は太.宰治の人間失格の為にね、地方に撮影に行ったりしてで。そいで、その前は、結構、2週間に一辺ぐらいな感じでちょっと会ったり」
P「そうですね。」

  (次へ続く)

オールナイトニッポンP4 

  (3に続きます。)

旬「さ、それでは、5問目。行きましょう。」
P「はい。」
旬「いつか、叶えたい夢がある。」
P「あります!」
旬「こちら、Yes。」
P「夢はいっぱいあります。」
旬「ま、さっき言ってたDJとかね。」
P「そうですね。あとは、まぁ、ほんと将来的に言うと、ハワイとかに、すっごいでっかい別荘がほしい。」
旬「プールがあるような。。」
旬「俺もねでもね、そういう点ではね、ハワイでツアーコンダクターをやりたい!ね」
P「まじっすか~。」
旬「アロハ~!!」
P「ハハハハ~。」
旬「アロハオエ~つって。。(?)したい。。」
旬「だってさ、ツアーコンダクターってすっごい大変な仕事だと思う。」
P「おぅーー。」
旬「でも、やっぱりさ、来たお客さんを楽しませる。」
P「そうっすね~。」
旬「仕事じゃない。そいで、実際自分たちは一緒にはやらないけどそこに連れて行ってで楽しめば。
あとは、夜ご飯なんかさ、同じ所にに食べに行って、自分たちは違う席で食べるかもしれないけど同じものを食べてお客さんが楽しんでくれて、それをホテルまで送り届けるって。」
P「うん、うん。」
旬「結構、いい仕事だね~。」
P「たしかに、こう、あれですね、ハッピーをこうプレゼントしてる感じがしますね。」

旬「でも、俺らは、毎日、毎日その生活になって満足できるか、って言われたら、たぶん出来ないんだよ。きっと。毎日、毎日、ツアーコンダクターで1日1日、違うお客さんを同じ場所から、そういうツアーを組んで送り届けて終わるって生活が毎日続くって」
P「そうっすよね~。」
旬「だから、俺らは、毎回違う仕事をやることになんか刺激を感じてたり」
P「それは、凄い、いいというか、恵まれてるなって思いますよね~」

旬「ヤマピーが今、一番ハッピーだなと思う、ま、僕らは仕事として今いろいろこうしてるけどさ。何を1番ハッピーだと思う、こう生きてる中で」
P「生きてるなかですか。そりゃ、やっぱり、仕事が次の日、休みの時の夜。 あれは、ハッピーだなと思います。でも、仕事がないとそのハッピーが味わえない。微妙な所にありますけど」
旬「仕事があるから、その前の日にハッピーが」
P(?)「貴重に感じるという」
旬「明日はちょっと何も考えずに目ざましもかけずに。そして、起きてから自由に行動できる」
P「これ、ハッピーですね~。」

P「あとは、仕事に関係することで言うと、すごくこう、ずっとこう、なんだろう。去年の終わりくらいに、自分が1番好きだったことなんだろうって考えたんですよ。」 旬「うん、うん。」
P「中学生の時って、仕事夜までやって、で、帰ってきて結構田舎の方に住んでたんで。そっから僕、友達と一緒にスーパーまで行ってラジカセ持って」 旬「うん、うん。」
P「でこう、ダンスチーム(?)やってたんですよ、ずっと。で、その疲れた中でそれをやってたっていう、
あっ、俺、それが好きだって」

旬「言ってたね。この間、酒の席で会って、ね~ヤマピー、今、何が楽しいのって言ったら。やっぱり俺自分が一番好きなことに戻って音楽で踊るってことが好きだから、最近またダンス習いに行ってるんです。って」
P「そうなんです。」
旬「って話を聞いて、あ、ちょっとすごいなって、思いましたね~。」
P「ほんとに、2時くらい、この夜中のこの時間くらいまで」
旬「踊るの」  P「はい。」
P「あっと言う間にすぎちゃって」
旬「それで、もうすごい踊りを見せてくださいよ。」
P「頑張ります!マジで。」

旬「さぁ、そんな中、ラジオの前のみんなからもいっぱいメールが来ています。どんどん紹介していきたいと思います。大阪府○○さんですね。ヤマピー旬くん、こんばんは。今日、ヤマピーって聞いて、めっちゃテンション上がってます。ブザー・ビート毎週観てます!バスケめっちゃうまいですね。撮影現場でバスケ以外にはやってることとかありますか?」

P「バスケ以外で流行ってることですか。なんか言葉、言葉遊びってそのなんだろ、あるじゃないですか。それじゃないけど、勝手に流行らせちゃってる、例えば、イケメンパラダイスの話で聞くと、ネズジンパチ。」

旬「ネズジンパチ、ね。」 (笑)
P「えーと、今回流行ってるのはですね、やきもち焼くわー。っていうフレーズが。何かとあれば、やきもち焼くわー。っていう。っていうセリフが流行ってるぐらいなんですけどね~。」

旬「これってさ、結構さ、雑誌の取材とかでもよく聞かれるじゃん」
P「はい。」
旬「現場で流行ってることなんですか? 意外と流行ってること、あんまないよね。」
P「ないっすね~。」
旬「や、わかんないけど。例えば誰かが持ってきたカードゲームが、めちゃくちゃ流行る現場っていうのも、5回に1回くらいあるかもしれないけど」
P「ハハハハ」
旬「でも、今、現場で流行ってるのなんですか?って言われて、これです!みたいなことって意外な感じしますよね。」
 
 (続きは、また明日に。。)







ちょっとお休み♪ 

皆さん、こんにちは。
まったく、すみませんね。ぴいちゃんのレポもどきに付き合わせてしまって(笑)
どうやら、某所(ってどこ?)にUPされてるらしいですよ!探してみて下さいね!
(えっ、人任せ!笑)
ここは、ぼちぼちやってみますね。
ほとんど、義理と意地の世界だったりして。。
だって、まっすーのレポして、ぴいちゃんのしないって出来る??
そんなわけです。申し訳ない(汗)
でも、やっぱり、まっすのは、30分弱だったけれど、今回のは長い!
でもね、やっているのは、忍耐?限界に挑戦(笑)?
まっ、それもあるかもしれませんが(←えっ、あるんかい!笑)

そうじゃなくて、何度もラジオを繰り返し聞いて、言葉を起こしていると、
話している人の人間性っていうのか、本質っていうのか、凄くわかる瞬間が
あって、(あくまで私が感じる本質ですが。。)、うまく伝えられないんですが
体で感じる、みたいな、そんな感じになるんです。。
で、もう、皆さんぴいちゃんの、本質も素敵!なことはご存知でしょうが。。

私、今回もやっぱり、前向きな真面目な人なんだなって感じてしまいました。。
そうです。お顔は、もちろん!ですがやっぱり、中味に魅力のある人って思い
ましたね。
ま、そんな感じで。。

それにしても、ニッポン放送!bayfmより雑音って。。
私のいる所って、東京だったよね(爆)



テゴマスの話、少々お付き合い頂ける方は、続きへどうぞ

続きを読む

オールナイトニッポンP5 

 (4に続きます。)

旬「もう1件いきますか?」
P「はい。」
旬「こちら、池田市のラジオネーム○○からですね。山下さん、小.栗さん、こんばんは。」
P「こんばんは。」
旬「以前、小.栗さんが誕生日に山下さんからメールが来なかったと言っておられましたが、」
P「フッフフ」
旬「山下さんは、小.栗さんの誕生日を忘れていたんですか?」
P「はい。わすれてました。。(笑)フフフフ~、ごめんなさい!」
P「うっかりしちゃう時ってあるんですよね。。」
旬「うっかりか~」
P「12月26日ですよね。今、言われたらわかるんだけどなぁ~。」
旬「うーーーん。ま、ヤマピーからここ3年くらい来てないけどねぇ~。」
P「ンハハハハ」
P「あっ。えっ。逆に小.栗くんからはお祝いがありましたか?」
P「まっ、思い起こしてみると、ないな。」
旬「ハハハハハ(大笑い)。」
P「フフフ」
旬「以上、山下智久さんにありがちな5つの質問でした!」

    (CM)

旬「さ、今夜も甲乙付け難い。二つのものに甲乙付けていきたいと思います。こちらの甲乙付け難い、にも、今夜のゲスト山下智久さんにお付き合いいただきます。」
P「はい。」
旬「それでは、さっそく紹介していきましょう。こちらですね。今から僕がメールを読み上げまして、その
どっち?っていう。どっちがヤマピーいい?みたいな話なんですけど、これ、せ~ので、言おうみたいな」
P「はい。」

旬「こちら、ラジオネーム○○からの甲乙付け難い。野球でさよならホームランを打って勝つのと、バスケでブザー・ビートを決めて勝つのと、どっち?これさ、野球かバスケてことで」
P「はい。」

旬「せ~の。」
旬「野球!」
P「バスケ!」
 
旬「これはね、まーなんてたってヤマピーバスケですよね。」
P「そうですね。僕、野球でホームラン打てる打てる自信がないです。」
旬「野球でさよならホームランなんて打ったら」
P「満塁さよならホームランですよね。」
旬「これは、やばいですよ。パコーンって。」
P「野球かなーーーっ。」
旬「1塁の時点でみんなに、もみくちゃにされるんですよ。でも、バスケもね、ブザービター。俺、MBAも中学時代、すっごい大好きでいっぱい観てたの。プープーっていう時にポーンって投げて入っちゃうとカッコイイしさ(?)半端じゃないですね~。」 P「は~い。」
旬「これは、甲乙つけがたい(笑)」 P「ハハハ~」
 
旬「あの、井.上たけひこさんが書いたブザービータって知ってる?」
P「知らないです。」
旬「宇宙リーグっていうリーグをするバスケット選手のこと」
P[ス.ラムダンクの前の?」
旬「ス.ラムダンクの後に書いた~」
P「あと?」
旬「それはね~。ブザービーターって言ってね。その、自分は日本人だと思っていた少年が、こう宇宙リーグっていう所でバスケをやりながら、自分は実は宇宙人だったっていうことを知るっていう話なんだけど~」
P「へーーーぇ。」
旬「そん中にね、黄色と青の帽子をかぶったDTっていうキャラクターが出てくるんだけど、」
P「はい。」
旬「その彼はね、なんでDTっていうかっていうと、Dream Time って」
P「はい。」
旬「俺がシュートを手から離した瞬間、ボールがゴールに入るまでのDreamTimeっていう○○になるわけ」
P「へーーーぇ。」 旬「かっこいい」 P「かっこいい」
旬「使って」 P「使います」
旬「たぶん、今、4話ぐらいまでブザー・ビート撮ってるから、5,6話で出る。ヤマピーが『俺がボールを話した瞬間からゴールに入るこの放物線がDreamTimeなんだぜ』 今日聞いてるドラマのスタッフがキャパに入れてくると思う」  P「ハハハハハ~」

旬「さ、続いていきましょう。ラジオネーム○○。
  憧れの人との写真と憧れの人との握手。どっち?せえーのー!」
P「写真!」
旬「握手!」

旬「合わないね~。」  P「そうっすね~。」
旬「写真?」 P「はい。」
P「写真撮ってくれるってことですよね。一緒に」
旬「うん。一緒に撮った写真か、握手をしたいかどっちか」
P「なんか、やっぱ残したい気持ちの方が、しかも肩触れてる、みたいな~」
二人「(笑)フフフフフ~」

旬「例えば、ヤマピーの憧れの人ってどんな人~?」
P「僕、やっ、マイケルジャクソンやっぱすごい好きでしたね~。あと、ジャスティン・ティンバーレイク。」
  
旬「さ、続いていきましょう。ラジオネーム○○。
  夏に鍋か、冬のコタツでアイス?」
旬「これ、甲乙つけがたいっていうか、」 P「 フフフ(引き笑い)」
旬「どっち?どーっち我慢するみたいな感じですよね。」
旬「夏か冬か、せーーの。」
P「夏。」
旬「夏。」

旬「夏に鍋はいけるよ。普通に僕、辛い鍋とかいっときたい所があるよね~」
P「そうっすね~これ、ぜんぜん。」
旬「ヤマピー、夏好きでしょ?」
P「夏好きです、めっちゃ。 冬は正直あんま好きじゃないんすけど。夏めちゃ、めちゃ好きですね。」
旬「今から、この夏に向けてどんなことをしたい?ま、もちろん撮影があるから、ほとんど夏は感じられないまま終わっていくと思うけど」 P「はい。」
旬「そん中で時間があったら、どんなことをしたい?」
P「そうっすね、やっぱり、海辺に行きたいですね。」
旬「海好きだもんね。」

旬「さ、続いていきましょう。ラジオネーム○○。
  銭湯から出た後の、コーヒー牛乳か牛乳?」
P「はい。」 旬「せーーの」
P、旬 「コーヒー牛乳。」

旬「これはね、銭湯から出た後はですよ。コーヒー牛乳片手にカポーンとこう蓋をとりまして、ゴックンゴックンとふた口飲みまして、それでマッサージ椅子に座って」
P「フフフ~」
旬「ながら、あと3口目、4口目つけて飲みきって。そのスタイルですよね。」
P「そうっすね。」

旬「さ、次行きましょう。ラジオネーム○○。
  宇宙船で宇宙旅行と潜水艦で海底旅行。どっち? せーーの」
P「宇宙船」
旬「潜水艦」

P「まじっすか。えー何でですか?」
旬「だってさー、宇宙ってたぶん、すっごいよ。」 P「はい。」
旬「すっごいと思う」  P「すっごいっすよ。すっごいっすよ。」
旬「船底も結構、凄いぜ」
P「めっちゃ宇宙行きたいっす。めーっちゃ宇宙行きたいっす。」
旬「めっちゃ宇宙行きたい?」
P「ちっちゃい時、宇宙のもの?いっぱい持ってたんですよ。」
旬「あっそう。」
P「宇宙と昆虫と仮面ライダー。」
旬「アハハハ~」
旬「今、現在、ヤマピーは何が好きなの」
P「僕は、ま、音楽聴いてるのがすごい好きです。と、宇宙好きっすね~。」
旬「宇宙好き」
P「もう、ほんとに、皆既日食、見たくて見たくてたまらなかったです。」
旬「今日、見たの?」
P「ぜんぜん」
旬「ぜんぜん見れな」
P「全然見れなかったです。」

旬「さぁ、ということでね、以上、甲乙つけがたいでした。・・・・@・・係まで。
 さあ、ここで1曲ね。ヤマピーの智くんのお勧めメニューを、それじゃ、智くん、お勧めしながら曲紹介を」
P「じゃあ、とても踊りもカッコイイ、ジャスティン・ティンバーレイク『Like I Love You』 です。」

続きを読む

オールナイトニッポンP6 

  (5に続きます。)

旬「さ、今夜の『小.栗旬のオ.ールナイトニッポン』には、山下智久さんにお越し頂いております。引き続き宜しくお願いしまーす。」

旬「質問メールが続々と来ております。どんどん紹介させて頂きたいと思います。ラジオネーム○○ですね。今日は、山下くんと小.栗くんに聞いて欲しいことがありメールしました。最近、大きな大きな虹ができたのを見て純粋に感動したんです。」 
P「知ってる、それ。」
旬「だって、右から左まで全部繋がってるの初めてだったんです。山下くんと小.栗くんは何か最近、感動したことや癒されたことありますか?」 

P「はい」
旬「この虹ってこの間、俺さ、レインボーブリッジ通った時に、ばぁ~っと掛ってたんだけど、そのことかな。3日前か4日前?」
P「4日前ぐらいっすねぇ~。たぶんそうです。俺も見た。」

旬「最近、癒されたことありますか?」
P「最近、癒されたこと。。うーーん。なんだろうな。癒されたことかーーー。癒されるって何だろう」
旬「何だろうな、難しいなぁー。」
P「難しいっすね。」
旬「俺はね、今、もちろん監督の仕事をさせてもらって、日々感動してる。」
P「へーーーーぇ。」
旬「生身の人間が、目の前でみんなが動いている姿を見ると、ありがたいなーーって」
P「フーーーーーン」
旬「嬉しいなーーって思って」
P「へーーーーぇ。凄いなーー。」
P「でも、俺もそう思います、ほんとに。いろんな人が動いて人っぽさができる。(?こう聞こえました)」
旬「そうだよねー。」

旬「さ、続いてラジオネーム○○。旬くん、山下くん、こんばんは。二人は、3歳違いですが、この年齢は友達同士なのか、先輩・後輩なのか兄弟という感じなのか。どれですか?と。 友達同士だよねーー。」
P「そうですね。俺もね結構、ちょっとお兄ちゃんって感じがする」
旬「うーん。や、俺、だからその、俺がはたちで、ヤマピーが17の時に会った頃は、なんか兄貴的な気分でいたけど、今となっては、意外とあんまりそんな感じもないよね~。」
P「ほんとっすか。それは、嬉しいっす。」
旬「でも、素直にやっぱりこう嬉しくなるもんね~。いろんなこと。あ~、頑張ってんだなヤマピー、みたいなさ~。そういうことはありますよね~。」 P「はい。」

旬「さ、続いていきましょう。ラジオネーム○○。旬くん山下くんこんばんは。」
P[こんばんは。」
旬「山下くんに質問ですが、ブログの更新はだいたい夜なのに、何故、挨拶はいつも『こんばちわ』なんですか?」
P「や~あれはね、安易に僕がはまってるんですけど(?)、17、ちょうどStand upぐらいの年なんですけど。」
旬「ブログ始めてたよね。」
P「当時は、まったくやる気がなくてですね。」 旬「うん。」
P「1週間に1回更新するか、しないか感じだったんすけど、今は、ずっと毎日できるということになってます。今後は朝見る人も夜見る人もこんばんは、と、こんにちは で ・・?・・」
旬「そしたら、誰がいつ読んでも同じテンションで読めるんではないかと。」
P「高校生が考えること、はじめからなんですよね」

  (衝撃的な事実!テープの裏が全然、録れてなかったーーーーー涙orz
   中途半端で大変、申し訳ないのですが、レポもどき、ここまでで
   失礼させて頂きます。 きゃ、私らしいや。。ごめんね。。)

 

知りたい! 

ポポロから
 POPORO NEWS
ウィダーinゼリーのCM撮影レポなんですが、博報堂のCMプランナーさんが、
ぴいを誉めてくれてます。

クールな印象のある山下さんですが、内に秘めてるものはアツイですね。
 そして、とても気さくで気持ちがいい人。
いいカットが撮れるまで妥協せず、 自分からもいろいろ提案してくれました。
そういう性格ゆえに、セリフやナレー ションから、そのリアル感が伝わってくる
のです。
これって、CMではとても大 切なことなんです!
彼のおかげで、楽しく清々しい現場となりました


現場でのぴいちゃんが目に浮かぶ。
スターのオーラはあるけれどスター気どりのない人。
率直で、常にいい仕事を目指し、映像に自分が映るのも役割分担みたい
に思 っていそう。。
一緒に仕事をしている人に、気持ちのいい人って言われるのって、なんだか
嬉しい。。



月刊 ザテレビジョンから
 『ブザー・ビート青春ブッちぎり!』

JCアークスの裏側バラします!ってことで、溝端くん、金子さん、青木さん、
はんにゃ、でフリートーク。

はんにゃの金田くんが
「トモは~(自慢げ)なごんでる普段の顔と、本番の顔つきはもう別人ですね、」
って言ってくれて。(素のぴいが出せてることが、良かったなって思ったり)

後は、青木さんが、胸板の話の時に
「山下くんもすごい。お風呂シーンでは、ガーッと腕立てしてパンプアップしてから
体が張ってる状態で本番に挑んでたし」
って言ってくれたり。
(そうだったんだ。見えない部分でいろいろ努力があってのあの大胸筋なのね。。)

この記事の写真は、素な感じのぴい がいっぱい 笑顔のぴい  いい現場なんだろうな。



COOLTRANS
現在のリアルな胸中を  … モノトーンP とか ブルーP

この記事を読んで、ぴいは芸能人なのに、普通の一人の社会人なんだって
ことを 改めて実感した。
文章だけだと、アイドルには思えない。
もちろんスターとして表現する感性もひと際光る人だとは思うけれど。。
普通の感性に、却ってハッとさせられる。

まず、最近の仕事に情熱をかけるぴいに昨年の冬、何があったんだろうって
密かに 思っていた。
他にも理由はあったのかもしれない。
でも、1つのシンプルな理由として、 大学を卒業した。 
ということがあったんだね。

当たり前のことを私、忘れてた。ぴいがあまりに頑張りやだから、忘れてた。。

卒業したことで、自分のやりたい事に費やせる時間が増えた。大学生の頃は、
 仕事 だけに没頭できない自分がいたんですよ。
だから、これで心置きなくやれるな、と


大学にさらりと行って、当たり前に卒業したけれど、本当に大変だったんだろうな。
この文を読んで、そう思った。やっぱり思ってるより大きいひと。


 心に響いてきた言葉とか。

特に男は“今に見てろよ”って気持ちがないとダメだと思う
   

見ている人たちの時間を頂くわけだから
   

演技に関しては、山さんに出会えたことが大きくて
   

僕自身がドラマをやるときに心がけてるのは、作られた物語のなかで
いかにリアル に見せるかなんです。

   

完成されてない部分も多いので、視聴者の方と一緒にスタートして
作り上げていける ような作品になると思います。

  

娘と母だけ見ていてお父さんは仲間はずれっていうケース、
多いじゃないですか。
もっとお父さんを大事にしてほしいと思うんです。

    

俺の一番の目標は、“山下が出演してる作品はおもしろいね”
って言ってもらうこと。

    


だから最近は、原点に帰ってみようかなと。 ドラマも頑張るけど、
音楽やダンスもちゃんと続けてみようって思ってますね。

    

知れば、知るほど・・・。
普通の感性の中に、キラリとする何か。
時間を頂く。。。には参りました。。
柔らかくて、強くて、しなやかで、しっかりと、生きてる人。。
最近、雑誌だけで惚れてまうやろ!状態なんですけど(汗)
もう、身が持ちませ~ん。。(笑)

**拍手コメレス** 

タルト「ドラマ?」にコメント頂いたyさんへ(7/18)
   HPのランキングってそうですよね、出演者の人気に左右されている感は
   確かに否めませんね。おっしゃる通り、視聴率の意味も時代とともに変わ
   って来てると思います。そうなんですよね。P担とすれば、今後の仕事を
   考えるので!
   わぉ!1時帰国のお友達に宣伝ですか!流石です!!
   そうですね。安心して壁を壊せるように応援がんばりたいですね。コメあり
   がとうあと、お気になさらないで下さいね!記録なので。。


タルト「心揺るがない。」にコメント頂いたyさんへ(7/20)
   そうなんです。22歳とは思えませんよね。Pちゃんのファンに対する想い
   には、心打たれます。yさんのおっしゃる通り、いつも言葉に出して気持ち
   を伝えてくれるPちゃんに、今度は私たちが声をあげて応援していく時
   なのかもしれませんね。私たちって、見る目がありますよね!コメありが
   とうございます


タルト「行ってきたよ!」にコメント頂いたyさんへ(7/21)
   私は、気まぐれ番長なので、ふらっと行きたければ行く!って感じでな
   ので、そんなお言葉はお恥ずかしい限りです。
   おぉ~!すごい!ぴいちゃん啓蒙運動されて2年ですか。お友達も
   朝日新聞等持ってきてくれるなんて、浸透してますね!
   yさんみたいなファンのことぴいちゃんは知ってるよね。だから、優しいの
   かなって思いました。コメありがとうございます


タルト「Love makes・・・」にコメント頂いたRさんへ(7/21)
   Rさんこんにちは!
   そうですね、2話も、萌えシーン満載!でしたね。(コメレス遅いから、
   もう今日3話ですね。汗)
   なんか、Rさんのコメ読んで、こうあるべき!って思っちゃいます!
   そう、視聴率なんてどうでもいい!
   毎週頑張っている、素敵ぴいを観られる幸せ!ですよね。
   そうです!コンでファンに話しかける時みたいな優しい表情でしたね!
   直輝Pって、本当にいろいろ想像させてくれて楽しいです。
   今日ももうすぐ! (嬉!) コメありがとうございます
    

タルト「Love makes・・・」にコメント頂いたyさんへ(7/22)
   はい。つい、実感こもってしまいました!生きてて良かった!って。(笑)
   チューブローズは英語で”Tube Rose”(チューブ・ローズ)、ベンガル語では
   ”Rojonigondha”(ロジョニゴンタ)というのですね。わぁ、勉強になります。
   そこら中で、見かけるお花なんですね、爽やかな甘い香り!わぁー素敵!
   えっ、2日目に萎んで茶色くなるんですか?花の命は短いの典型ですね。
   ぴいちゃん、花の香りかいでそうだけど、鼻つまってるからわからない
    (食わず嫌いの時みたい 笑)って言ってるかな。。(笑)
   コメありがとうございました   


タルト「心のままに」にコメント頂いたyさんへ(7/22)
   やった!座布団ありがと!(笑) yさん表現が素晴らしい。。そうですね、
   様々な角度から応援していきたいですね。
   で、帰国した友人の息子さんに、野ブタやクロサギを貸した、ってどん
   だけ立派な啓蒙活動でしょうか!で、そちらに戻った時?にテレビ
   誌を買って行ってあげよう、ってその息子さんが・・。って嬉しいですね!!
   コメありがとうございます


タルト「**いろいろ**」にコメント頂いたyさんへ(7/24)
   そうですね。あの優しい表情を間近で観られる女優さん、羨ましいです!
   だいたい、あんな優しい顔ってコンのファンサの時しか思い浮かびま
   せん。いいよね~。あー、私も、それテレビの番宣の時に思いました。
   本物になるには、本物に接するのが一番です。いい刺激を受けられて
   やっぱり、ぴいちゃんもそういう器の人なんでしょうね。ますます楽しみ
   ですね!コメありがとうございます

   
   最近、入力中に、突然、消えてしまうことが多くて、こまめに保存しながら
   やっているのですが、今も2回ほど消えてしまいました(涙)。
   この続きのコメは、また、明日にしたいと思います。
   遅くなってごめんなさい。。


アイドルP 

もちろんアイドルであることにも誇りを持ってます!
でもアイドルでもなにかひとつみんなにすごいと思ってもらえる“本物”
を持っていないとダメかなって。
                                     (by ViVi)

そう、アイドルって、本物ってイメージが少ないって思う。
大勢の人に、夢や希望を与えてくれる存在では、あるけれど。

だから、アイドルっていうだけで、なんとか評論家とかからも評価が低かったり。
たいていは、若さを失ったら輝きもなくなって、どこかに、消えてしまう印象もある。

オレ自身は常に
「誰もやったことがないことをやりたい」と思ってる。

アイドルのイメージを変えて、何かをやりたいのかな。。
誇りは持ってるけれど、ただのアイドルでは、終わりたくないのか。
それが、Pの目指すスーパースターってこと?
本物をひとつでも持つってことには大賛成!
今までいなかったスターになってもらいたい!
だから、そんなあなたを、いつでも、心から応援するよ!!


私が、アイドルであるPに、初めてびっくりしたのは、
前にも書いた気がするけれど、青春アミーゴのカップリングの『カラフル』の歌詞。
アイドルのPが作詞をしているということ。
詞の内容も、等身大で、彼の若さゆえの焦りのような日々の想いが伝わってくる。
アイドルがこんな歌詞を書くんだ。
って、驚きもしたし、彼本人に興味を持つきっかけにもなった。


コンの時にファンに手を振っている優しい笑顔のぴい。
情熱大陸で、笑顔が苦手と言ってた頃だって、この彼の笑顔はこの上なく優しく、
菩薩の笑顔という人がいても否定出来ないどころか、ほーーっ。と納得してしまう。
キラキラして、ひたすらに優しい美しい表情だと思う。


でも、あれは、アイドルだから。。
俳優だけの人だったら、本とかCDの発売に伴った握手会がせいぜい。。
握手会だったら、あの笑顔はないよね、きっと。

アイドルって作られているものかもしれない。
でも、それは、ファンのみんなの為に、カッコ良く魅せるって心があるような、
ぴいがいつも言ってる、喜ばせてあげたい!って心があるんじゃないかな。

最近の格好良すぎるPを見てると、彼がアイドルで良かった。
なんて事を思ってしまう。

だって、あんなに、美しくて心も男前の彼を、Pとか、ぴいちゃんとか言えない
でしょ。。  近寄りがたいもの。。

だから、私は、言うよ! 
アイドルPバンザイ!ぴいがアイドルになってくれて良かった!ってね。。
アイドルのぴいにThank You好き!って。。

そのViViの最後に、自分が本当に好きなものを一生懸命練習してやった結果は、わざわざカッコつけなくても自然と伝わるかなって。
で、それが周りの人やファンのみんなに伝わるまで、あと1年かかるか、それ以上かかるかわからない・・・・って、山下さん、私たちは、も少し敏感だよ!
それとも、想像してるより凄い事をしちゃうの??
それとも、ソロコンするまでってこと?(遅過ぎだから!!)

あと、もう一つ。カッコつけてカッコイイのは当たり前。これも違うと思うよ!
ぴいだから、じゃん!って突っ込んだよね。
そう。これも、ぴいがアイドルだから、ね。ハート笑

さて、そんなアイドルぴいの直輝Pに、もう少しで会えますよ~♪
さっき、予告で、おんぶしている莉子の顔が近過ぎっ!って思ったけれど。。
菜月はプロポーズしちゃうし。(汗)
ストーリーが展開していきそうな感じですね。。
でも、やっぱり、一番の楽しみは、海・海・海海と空。。(笑)

砂浜を歩くぴいにくぎづけ~にっこりハート!!

胸がざわっときた。 

(第3話)

直輝と莉子、最初に恋に堕ちるのはどっち?
そうだよね。
やっぱり、莉子の方だったね。

あの公園が二人の想い出の場所になるんだね。
ベンチに二人、腰かけて。
ビバルディの夏 をイヤホン1コずつ耳に入れて聴くの、
すでに恋人モードっぽいよね。

あのシチェーション素敵。
ぴいの横に座ってイヤホンが外れないように、顔近付けて、
ひゃー想像するだけでドキドキ。

そして、莉子が、バイオリンの音がカッコイイでしょ。って、
横見て言うと、すぐそばに直輝の顔があって、ドキッとする。。
言葉は、ごく普通な『カッコイイ』って言葉。
だけど、見ていて私も、ドキッ!ってしたからね。(笑)

大森さん?演出家さん?狙ってる?って思うけれど、
その流れに身をまかせたくなる感じ。。
この瞬間だよね。莉子が恋に堕ちたのって。

莉子といる時の直輝Pが、いい感じに自然なんだよね。
ぴいって普段こんな感じで話しそう。。(羨)


菜月といる時の直輝は、自信がなくて、劣等感を感じてるんだろうな。
もっと、ドキドキさせて、夢中にさせてって、。
「おかゆはいいから一緒に寝て」って、本音で言った菜月にあれはないよ。直輝。
キスの最中、ちょっと横向いちゃうの、とかリアル。
ちょっと、菜月の気持ちもわかった瞬間。

それにしても、直輝、料理作り過ぎ。。
夜、気分悪くなった莉子を送っていって、掃除して、
朝食べるフレンチトースト作って帰る男は、普通にモテないよ~。
でも、これがぴいだと全然違ってくるんだけど。(デレデレ)


腹筋天国!(by 麻衣)
これでもかこれでもかって押し寄せる
素敵Pのオンパレード。
ぴいのプロモーションビデオかと思った(汗)。。
ビーチドッヂボール?のぴいの顔が、なんか凄いカッコイイ。。

それに、極め付けは、今夜会える?のメールを菜月にした時のぴいの後ろ姿。
そしてそして、横になった悩める、美しい横顔。。

堪能させていただきました。(笑)
ただ、願わくば、家族のいない時に観たかった。(汗)
みんな明日、揃って出かけてね!
母は喜んで、お留守番しますから(爆) 夏休みなのがひたすら残念!!

冗談はおいて、ぴいってさりげない演技がとっても上手になったね。
安心して、ドラマの中に浸ってる。。

あなたがみんなと力を合わせて作ったドラマ、本当に面白い。
ますます楽しみになってきたよ!
また、1週間、頑張る元気もらえたから。。
ぴい、今日もありがとね  あっ、私も胸にざわって来ちゃった。。

も~。 

惑わせるよね~。

何なんですか~。

今日のP日記~。


エロかっこいい。も、もちろん魅力的だけど。

ス○ベカッコイイ。だって、あら素敵!って受け入れられますことよ。。


なんたって、○○べなPファンですから。。(笑)




ってか、山下さん、今日のスクロールは、効いてましたよ。。
しっかり想像したし。。(笑)


ってか、山下さん、あっ!変な事考えただろ?スケ○だなぁ!

なんて普通、彼女にしか言わないから。。


ごちそうさまでしたハート

って、変なエントリーですみませ~ん。。(笑)


P.S 相.武さんのブログに、山下ファンを名乗って、菜月ありです!って
    コメントしたの、もしかして、聞きました??
    あれは、元気なさそうだった相.武さんを励ましたかったからで。。
    って。まさかね。。自意識過剰でした~(笑)。


ブザビで彰 

直輝の自宅で、「しゅうじに部屋貸してもいい?」
って言うぴい。
リピして観てもそこだけ、耳が反応する。
彰を想いださせるんだよなー。

そう。
しゅうじ。が修二。って聞こえるの。。
これって、確信犯ですよね。。大森さん。

局は、違うし、今となっては、続編は、あり得ないし、
でも、ぴいが言う「しゅうじ。。」が聞けて
心の中で、静かに喜んでる。。

直輝が彰を超しちゃうのかなぁ~。

私にとって彰は特別だったから、
嬉しい気持ちの中で
ちょっぴり、さびしいなって思っちゃう。


そう、今までになかった事です。
それくらい、直輝が素敵ってことです。

あっ、それと、山下さん!
お父さんという名の旦那くんとは、一緒に、ブザビは観られないっす。(汗)
クロサギもプロ大もコドブルも、リアルでは仕事で間に合わないから、
録画したのを、なかば無理やり見せてきましたけれど。。

ブザビは、無理だーー!
私の顔がにやけ過ぎるー!

お父さんを大事にして!
ってメッセ―ジは受け止めて違う所で、頑張ります。(笑)

しばらく、リピして免疫つけないと、、、ね(汗)

拍手コメレスは、次回に必ず! 遅くなってすみません。
(今日も、保存を、クリックしたら、消えちゃったんですけど、FC2さーーん!
 どうなってるんだ~汗。。)

**拍手コメレス** 

とても遅くなってしまい、ごめんなさい!27日までのコメレスです。

シュークリーム「オールナイトニッポンP1」にコメント頂いたyさんへ
    とんでもないです。自己満です(汗)
    Pちゃんが旬くんの家に泊っていた話は、私も初めてでしたね。
    そうですね。今の伊藤さんといい、良い先輩方との交流で、触発されて
    ますます輝いていきますよね!コメありがとうございました。   
 
シュークリーム「オールナイトニッポンP2」にコメント頂いたyさんへ
    そうなんですよ。ピンクのPの話出なかったんですけれど、あの瞬間、
    あちこちのP担が突っ込んでたと思います(笑)
    でも、すごく自然にわからない。って言ってたので、或いは、あの話
    少倶楽の為に作られた話かも。。なんて思ってしまいました。
    そうですね、旬くんがいい感じで、リードしてくれてましたね。
    ぴいが安心して話してる感じでしたよね。コメありがとうございました

シュークリーム「オールナイトニッポンP3」にコメント頂いたyさんへ
    始めの動機は不純でしたけれど(笑)、その姿で今もブザビでも魅了
    してくれてますもんね。。ぴいの日々の努力を感じます!
    そうですね。斗真との関係は、深い絆を感じますよね。旬くんもそう
    ですし、お互いに刺激を受けて成長できる男の付き合い、いいです
    よね~。コメありがとうございました

シュークリーム「オールナイトニッポンP4」にコメント頂いたyさんへ
    わぁー、また、ハワイに行かれることもあるんですか。もう、それは、
    長生きして、お隣さんを目指すしかないですよ!(笑)
    そうしたら、嫌だと言われても、お邪魔したい!(笑)でも、ずっと先
    の話ですよね(汗)健康に留意せねば(笑)
    ハッピーをプレゼントしてるって表現、ぴいらしくてほっこりしますね!
    いえいえ、あくまで自己満ですよ(汗)コメありがとうございました

シュークリーム「ちょっとお休み」にコメント頂いたyさんへ
    そうですよね。何気ないところに人間性が出てしまう気がします。
    告白ですね!私もだ~い好き!(便乗!笑)
    そうなんです。なんでも自由に、発言は。。?って始めどういう意味    
    かわかりませんでしたが、まっすーにとっては、本当に後ろ盾となっ
    てライブの企画をどんなにか進め易かったことでしょう。メンバーも
    頑張ってるんですよね。ただ、リーダーはもうずーーっと前を歩いて
    るってことなんでしょうね。。コメありがとうございました

シュークリーム「オールナイトニッポンP5」にコメント頂いたyさんへ
    そうなんですよ。「ンフフフ」とか、気を抜いた素っぽいぴいの笑い方、
    良かったです!やっぱり、ぴいのラジオ、やってくれないでしょうか。
    ドラマ終わってもラジオのレギュラー1本でも(もちろんTVも欲しい)
    あればねぇ~。心が潤い続けられるのに。。ボーイズトーク。(笑)
    コーヒー牛乳も、くだらないとこが、なんかいい(笑)ですね。
    コメありがとうございました

シュークリーム「オールナイトニッポンP6」にコメント頂いたyさんへ
    えっ、そちらでも大きな虹が見えたのですか?なんだか、自然って
    素敵ですね。感動しますよね。おっしゃる通り、リスナーさん、感激
    されたでしょうね。。旬くんが、今では、友達と言ったのは、ぴいは
    嬉しかったでしょうね。そういう男同士の人間関係っていいですよ
    ね。私は、思いおよびませんでしたが、そうですね、ぴいちゃんは
    家では、お父さんの心持でいたんでしょうね。
    ますます旬くんたちの存在がありがたいですね。
    コメありがとうございました

シュークリーム「知りたい!」にコメント頂いたyさんへ
    そうですよね。発信者として伝えたかった心だと思います。
    「お父さんを大事にしてほしい」って。
    そうですよね。yさんと同じ気持ちです。
    こんなトップアイドルがどうやってこんな感性を身につけ成長して来れ
    たんだろう。。 いつまでも、どこまでも私達を魅了してやまない。。 
    もっともっと想像を超える魅力を秘めているのかもしれません

    (とても共感できたので、yさん、そのまま載せさせて頂きました。)
    コメありがとうございました

シュークリーム「知りたい!」にコメント頂いたYさんへ
    Yさん、そうですよね!この所、雑誌等での発言が男らしくなりましたよね。
    おっしゃる通り、今どきの男の子と思われている人が、一般では大半です
    よね、きっと。5年後、10年後を考えて、今やるべき事に挑戦する彼を、見
    習いたいですね!
    あっ、この前、私が聞いた件ですね。ありがとうございます!
    検索してみます。コメありがとうございました

   

思い過ごしなら・・・ 

ぴいちゃんが日記で言ってた携帯の文字設定を英語表記するには、
ちょっと無理があるかな。。(笑)

で、そんなわけで、ブザビサイトでちょっと英語のお勉強♪

私、男の人見てきれいだと思ったの初めて。
This is the first time I have seen a man and thought him beautiful

いちご英語でブザービートが始まった! … ココ

Interviewでは、七海菜月役の相.武さんが山下さんのことを
直輝のような草食系のイメージがなかったので意外だったんですけど、オンとオフの切り替えが上手い方なので、現場でお会いしたときはもう直輝でした(笑)。
ふとした瞬間に、「あ、直輝だ」って思うことが多くて…。

と、コメントをしてくれてます。

いいな。いいな。だって、直輝って菜月の恋人役でしょ。。
ふとした瞬間に「あ、直輝だ」って。。。kao05
直輝になったぴいが、優しい表情で、くるんだろうか。。orz
私、ドラマ観てても脳天気で、ぴい、かっこいい!素敵!可愛い!って思って来たけれど。このインタビューで、初めて、胸がざわって来た。(これって恋に堕ちて嫉妬することだったのね!)←今更!

そして、来週のことが、今週のジョン に載ってたんだけれど

その夜、直輝は菜月の部屋を訪れて仲直りを。
だが、ベッドの下に自分のものではないアームバンドを見つける。。

って、話の内容も、えっ、って感じだけれど。
これって肝心なこと書いてないけれど、
あの状況でケンカして、夜、部屋を訪ねて仲直りって、、、、
ベッドの下に見つける。ってことはさ。。やっぱり、その、あの、あれですよね。。←はい。スケ○カッコイイPファンの一人です。
肝心な文章がないですけれど。。やな予感が・・・。

でも、予告にもなかったし、ね。 ま、私の思い過ごしだよね、うん。きっと、そう。

ま、例えどんなでも、それでも、ぴいのブザビを心から応援しますハート←覚悟する、私?
 ↑健気涙←自分でいうか!笑。。って笑えないっ!